あなたの人生を変えるたった2つの原則

投稿日:

【動画説明】

人生を変えるたった2つの原則を納税額日本一の斎藤一人さんが語っています。非常に重要な内容を語ってくれています。人生には2つの原則がありこの2つの原則を実行する事で好転していく。この2つの原則は全く難しい内容ではなくあなたも今から変えることができる様なそういう内容です。人生を変える要素として非常に非常に重要な事ですので、ぜひこの動画はローカルに保存し、何度も何度も聞いていただきたいと思います。

言葉が環境を作る

言葉が環境を作る 「ついてる」という言葉にはすごい力があるものである。

朝の出かけしなにげたの紐が切れた時に人の反応は3つに分かれる。

反応1 マイナスなもの 「なんか、不気味だなぁ、縁起が悪いなぁ」 反応2 普通なもの 「物理的にそろそろ切れる時期であった」

反応3 ついてる人 「いま切れてよかった。出たあとに切れたら困ってた」 この3種類の反応の中でついている人というのは3つ目の反応をします。

ただ、この話を聞くと「なるほど、なんでも肯定的にとればよいのだ」というような受け取り方をする。 肯定的な受け取り方をする方が当然、ネガティブな取り方をするよりも人生がよい方向に展開されていくと そう言えるのは確かですが、ここではもう少し深いところで理解して頂きたい。

それは「ついてる、と考えている人はついてる事が起きる」ということ。 普通の人の考え方は 「ついてる」という言葉は口にするタイミングは「ついてる事なぁと感じることが起きた時」についてると言うというもの。

つまり、何か事象が起きて、そのあとに言葉を発する、感情を作るというものです。

行動 → 事象 → 言葉

これが普通ではないでしょうか。

ここでお伝えしたいのは、本当についてる人は言葉が先であるという事。

言葉 → 行動 → 事象

という流れです。

つまり、「ついてる」と言っている人にはついてる事が起こってくるという事が最も重要なポイントです。

あなたがもしこれまで前者の考えで行動していたのでしたら、あなたに起こる事象はコントロール出来なかったと思います。

しかし、「ついてる」という言葉にはとんでもない力があり、

「ついてる」という言葉を使い続けると本当についてる事が起きてきます。 もし、今あなたがあなたが望む人生とちょっと違うなぁと少しでも思っているのであれば、あなたの使う「言葉」から変えてみるというのはいかがでしょうか。

楽しい方向は正しい方向である

人間は強い者に従うのが当たり前であった。

これは狩りの時代の話で、

この時代において強い者が大勢を率い狩りを成功させるのが鉄則であった。 その後農業の時代になり、統率者が必要となった。

殿様が統率を取った。 そして明治になると正しさが重要視された。何が正しいのかが明確になっていなかったからだ。

ただ、現代はどうでしょうか。正しいことは大体理解できている。

人を殺すのはいけない、泥棒はいけない、などなど。

魂は第三段階なのである。 魂の第三段階とは「楽しいほうを選ぼう」という事である。 楽しさをメインにして考えないと人生は苦しくなる。

「どうもうまくいかない」と思うのでしたらおそらくあなたは正しい方を選んだのではないか。 と考えてみてください。

立派な人が言う正しいだけの言葉に惑わされあなたは楽しくて正しいことよりもただ正しいことを選ぼうとしていませんか?

それが、「なんだかうまくいかない」の原因かもしれません。

人間の魂は第3段階なので、すでに何が正しいのかという事は明確に分かっていると考えてください。

もうすでに正しい事は明確なのです。

つまり楽しい方をしっかり選ぶと、正しくて楽しい方に進んでいくものなのです。 道は必ずいつも2つあり分かれ道があります。

正しい方を選ぶと苦しみがたくさんつまっている。楽しい方を選ぶと成功が待っている。

分かれ道に立った時必ず楽しい方はどちらかを基準にして選択をしましょう。

ただ、一つ注意してください。

「仕事が苦しいから楽したい」と思いだすと。17時で仕事が終わって残業0で帰れる仕事。 の様な選択の仕方になってきます。

「楽をしたい」と「楽しい」は違うという事を理解してください。

この選択の仕方は楽しいから選んだのではなく「楽をしたい」から選んだ。つまり、仕事は苦しいものであるという 観点から選択をしている事実は変わらないので、楽しい方には実は進んでないのです。楽ができる方というのは実は楽しい方とはまた別の考え方になります。

「会社行ってさぼって寝てるとクビになってしまう」これは「楽をする」であり「楽しい」ではないですよね。 「働かずにただ家で寝てよう」これも結果お給料もなくなりますので「楽しい」ではないと思います。

なので、さぼってクビになるのか、しっかり仕事で成果を出してお給料を貰うかどちらが楽しいかで考えると おそらく後者になってくるのではないでしょうか。 この様に、「楽しい」を極めると「正しい方向」へも進んでいくのです。 この「楽しい」を極めることを極楽というのです。

「楽しい」を極めることで世界は天国に変わります。

最後に

自分の言葉に注力して「ついてる」という言葉を使ってよい言葉から人生を変えていくこと。
そして、選択を迫られたら必ず楽しい方を選ぶこと。
この2点を意識するだけで人生は大きく変わります。
実際、あなたの周りにはついてる事がたくさんあるのをご存知でしょうか。

世の中の衣食住がたりている人は世界で5億人程度しかいないそうです。日本人は1億人以上いますが、全員が衣食住に足りている
と言っても過言ではありません。日本国に生まれた時点でついてるんです。

朝目が覚めた時点でついてるのです。朝目覚めれなかった人たちもいるのですから。

あなたはついてる人です。

まずはあなたの身の回りの「ついてる」に気づいてあげる事が人生を変革する第一歩なのかもしれません。

-斎藤一人
-,

Translate »

Copyright© HappyLabs|無料動画で学ぶ成功への近道 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.