宅建受験を有利に進める方法

宅建の受験 平成27年度 2015

平成27年度 宅地建物取引主任者資格試験 2015

 

宅建の資格が格上げ!

 

宅建の名称が宅建士(宅地建物取引士)に変更されます。
(2015年4月1日から)

 

これは事実上の格上げになりますね。
弁護士、行政書士などのように、士業と呼ばれるようになり、社会的なニーズはますます高くなっていきます。
この格上げに伴って、宅建士の資格試験の難易度が上がる可能性がありますので、受験される方は搭載十情報を参考に、資格取得に向けて頑張ってくださいね!

 

 

 

平成27年度宅建士資格試験

 

平成27年度(2015年)の 宅地建物取引主任者資格試験は、平成27年10月、13時から15時まで(2時間)に行われます。
合格発表は、平成27年12月上旬(水)です。

 

 

【試験日時】:平成27年10月18日(日)13:00〜15:00まで

 

【合格発表】:平成27年12月2日(水)

 

 

 
試験日(予想) 2015/10/18(日)
試験時間 13〜15時(2時間)
出題形式 4択マークシート方式
合格発表日 2015年12月上旬
出題数 50問(50点満点)

 

 

試験や合格発表の日程は未定ですが、分かり次第告知します。

 

絶対に合格して下さいね。
当サイトの管理人は、受験される皆様を全力で応援させて頂きます。

 

 

 

宅建合格のための試験勉強法

 

宅建の難易度は比較的高めです。ただし、取得することによって得るメリットがその難易度よりもはるかに高いので、それと比較して難易度はやや低めと言われることもあります。しかし宅建の試験は通常の勉強として考えると、やはりやや難しいと言えます。

 

宅建の合格基準は試験問題全50問中、約7〜8割の正解率で合格となります。選択肢から1つの回答を選ぶ択一問題が主ですが、その問題の出し方は凝っていて、選択肢から1つを選ぶだけとはいえ消去法で考えたとしても回答をかなり悩んでしまいます。
独学で勉強する人も多い宅建ですが、択一式の回答法に慣れるためにも、せめて模擬試験くらいは受けたほうが良いでしょう。問題のクセなども実際の試験の前にある程度つかんでおくことができます。

 

試験までの勉強期間は、通信教育などを見ると半年程度という設定がされています。実際、独学でも集中して勉強に取り組めば、3〜4ヶ月での合格も不可能ではありません。しかし短期間で合格するためには、ズバリ試験に合格するための、狙いを定めた勉強法を取り入れていかなければ難しいでしょう。そのためには一人でコツコツと勉強するよりも、講師のアドバイスを聞くことのできる短期集中講座や通信教育など外部の力を借りた勉強方法が効果的です。

 

最近はお勤めをしながら宅建にチャレンジする人のために、携帯端末やパソコンなどを使った通信教育や、動画などの教材も増えてきています。通勤時間などの空き時間に、これらを有効に活用しましょう。

 

集中力を高める方法※仕事や勉強に役立つ

 

 

 

宅建の試験についてと学習法

 

宅地建物取引主任者資格試験、略して宅建は、年に一度、10月の第3日曜日に行われます。その申込期間は、7月初旬〜7月中旬です。短い期間ですので、忘れないよう申し込みましょう。合格発表は原則として、12月の第1水曜日、又は11月の最終木曜日に、都道府県毎に発表されることになっています。試験は、50問すべて4肢択一式で、年齢制限や国籍の制限はなく、だれでっも受験できる人気の資格試験です。受験に条件はありませんが、合格後の資格登録については、一定の条件が設けられています。

 

通信講座でも人気ランキングのトップ10に入る宅建ですが、権利や法令に関することなど、一般には耳慣れない言葉を勉強しなければならず、勉強に根気を必要とする試験といえます。独学で受験する人もいますが、教材選びなどを考えると、初学習者には、通信講座や予備校などを利用した方が、合格率は上がるでしょう。通信講座などは、クーリングオフが効きますので、いろいろ集めて比べることができます。

 

予備校や、通信講座の手続きをして安心してしまう人もいらっしゃいますが、ひとつの学習方法をチョイスしたにすぎませんので、こまめに覚える努力は惜しんではいけません。予備校を選択したならば、質問できる先生がいる利点を生かして、解釈の難しい問題の解決に結びつけ、同じ志を持った仲間とモチベーションを上げるなど、ポジティブに学習していきましょう。

 

独学の人は、インターネットなどを利用して、情報収集や合格者の体験談をもとに、自分に合ったテキスト選びや学習方法を選択するのもよいでしょう。いずれにせよ、復習中心の学習で苦手意識がなくなるくらい、法令上の単語に慣れてしまうのが得策です。

 

 

 

宅建の意義と試験への備え

 

宅建とは、正式名称は宅地建物取引主任者といい、この資格試験を意味する言葉としても広く知られています。この試験は、国土交通大臣が指定した指定試験機関が、都道府県知事の委任を受けて、昭和63年度から年に一度行われています。宅地建物取引業を営む上では、有資格者は必要で、宅地建物取引において、買主や売主への説明、重要書類の記名・押印は宅地建物取引主任者にしか行うことができません。また、事務所1か所につき、5人に1人は宅地建物取引主任者資格を持っていなければならず、業界では、必要性が高い国家資格です。

 

土地建物の取引は、人生にとって大きな売り買いです。不動産業者への就職を希望されなくても民法の勉強をすることは人生においても役立ちます。自分だけでなく、周りの人から相談を受けることもあるでしょう。司法試験を受けることを考えれば、宅建で、民法を学んだほうが気軽に勉強できると思えば、ポジティブにもなれます。

 

土地建物取引業に従事する人であれば、登録講習機関での講習終了後に、本試験の5問免除の特典がプレゼントされますので、受けておけば、有利に受験することができます。後は、自分の1日の生活を振り返って、勉強に振り替えてもよい時間を見つけ、こまめに復習して記憶していくことが重要です。通信講座でも人気の高い宅建ですので、お金と時間に余裕のある人はいろいろ調べて自分に合った予備校や通信講座など、いろいろ調べて自分に合った学習スタイルを見つけて取り組みましょう。「教育訓練給付制度」を利用すれば、受講終了後に受講費の80%(上限20万円)が支給されますので、活用されるのもよいでしょう。ただし、条件が付きますので、詳しくはハローワークに問い合わせましょう。

 

 

 

宅建の概要と学習スタイル

 

就職に有利な資格の一つに宅建があります。正式名称を宅地建物取引主任者試験といい、毎年1回、10月の第3日曜日に行われています。この資格を持っていれば、不動産業界への就職はもちろんのこと、住宅業界や金融機関などでも有資格者には優遇措置のある会社が増えています。
しかし、その合格率は低く設定されており、例年15%前途です。試験は、4肢択一式となっており、解釈の難しい問題は、どれも正解に思えたり、その逆だったりと迷いの生じるところが合格基準点を取れない原因になっていますが、合格基準点は、50問中35点前後ですので、15問くらいは間違えられると考えれば気持ちも楽になるでしょう。
初学習者にとってどう勉強していけばいいのかという学習スタイルが最初の課題になります。それにはまず、自分に時間の余裕があるか、お金の余裕があるか、意志は強いかをよく考えてみることです。
時間とお金に余裕があり、意志が弱いと感じているならば、迷わず予備校を選択するのが良いでしょう。通わなければならないという状況に身を置けば、勉強時間は確保できますし、同じ志を持った人たちと接することで試験までのモチベーションを上げることができます。
時間もお金もなく、意志は強いという人ならば、独学ということになりますが、たまには、インターネットなどで、同じ境遇の人の記事を読み、アドバイスの載ったサイトを参考に勉強をすればモチベーションも上がるでしょう。
いずれにせよ、難しいと思い込まずに、復習をしっかりとして、コツコツ覚えていきましょう。ヤマ勘を張ることばかりにとらわれず、情報を上手に取り入れて、ポジティブに試験を迎えましょう。

 

 

 

宅建受験を有利に進める方法

 

宅地建物取引主任者資格試験、略して「宅建」に合格すれば、不動産業界には、必要な人材となりますし、金融業界や住宅業界でも有資格者には、待遇の面で優遇されるところも少なくありません。そんな、有利な資格ですが、合格率は毎年15%前後と、難関な試験の一つとも言われています。しかし、この試験の特徴として、すべて4肢択一式となっていることから、答えはすべて誰でも埋められるものとなっています。合格者も小学生から90歳の年配者まで幅広く、主婦や他業種の人々がチャレンジしています。

 

時間やお金に余裕のある人は、予備校や専門学校へ通って勉強すれば、同じ志を持った人たちや、質問ができる環境を利用してモチベーションを上げることができます。近くに予備校などがない場合は、通信講座などを利用する方法もあります。通信講座は提出問題などがあり、採点をしてもらえたり、質問ができたりするので、独学よりもやらなければいけないという意識が高まるでしょう。

 

予備校は初学者の場合10万円以上、通信教育業者の通信講座は6万円前後かかりますが、「教育訓練給付制度」を利用すれば、後から上限20万円まで、受講料の80%を国から支給してもらうことができます。支給対象者など、利用するには条件がありますので、詳しくはハローワークへの問い合わせが必要です。

 

宅地建物取引業に従事している人には、登録講習機関での講習を修了し、修了証を宅建申込時に提出すれば、本試験の5問免除の特典が受けられます。つまり、試験際、5点は確実に取れるということです。5問免除ということで、試験時間は一般に人が2時間なのに対して、登録講習修了者は、1時間50分となります。登録講習機関によって、講習の期間や料金に違いがありますので、よく調べてから申し込みましょう。

 

【楽天ブックスなら送料無料】「宅地建物取引主任者 資格試験対策DVD」〜独学で取得できる宅建...